たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年11月22日

ガスミュージアムは、無料でたくさん学べるところ!

ミュージアムをめぐるスタンプラリーが3年ほど前にあったのですが、ガスミュージアムには行くことができませんでした。地元の方から「とにかく行くだけで何かが得られるところよ。絶対、おすすめ!」といわれて、遠出して見てきました。



新青梅街道と新小金井街道の交差する地点に行くと、素晴らしい赤レンガの建物があり、わくわく感が増します。




東京ガスの社屋を移設復元した建物は、「ガス灯館」「くらし館」の2カ所に分けて展示見学できます。

東京ガスの事業と歴史・くらしとガスのかかわりを紹介するミュージアム。
ガスは、”灯”として発達してきたものだそうです。ろうそくの光に比べたら、はるかに明るい!このガス灯の点灯実演は1日6回行われます。(HP参照)https://www.gasmuseum.jp/




右側の花形のものは、ネオンサインとして使われたもの。実際に、呉服屋さんで看板をこのガス灯で照らしていた絵があり、文明開化に酔いしれるムード満点でした。
鎖国をしていたから、ヨーロッパなどには100年以上も遅れたといわれます。島国日本だけの文化ができていました。開国で一気に新しいものに触れ、それを吸収しようというエネルギーに燃えたことは、日本の進歩に大きく役立ったのではないでしょうか。

また「くらし館」では、どんなふうに家庭にガス器具が入ってきたか、実物で見ることができます。私が印象的だったのは「食パン焼き器」




すごい!4枚も焼けるものだったのですね。
新しい文化になじもうと、さまざまな器具が発明されています。

建物から出たところは「ガスライトガーデン」
17基のガス灯が明るく照らしています。私が訪問した時は、矢印のガス灯は消えていました。台風24号で被害を受けたものだそうです。




この周りでは、イベントやワークショップが行われ、音楽も提供されます。
小学生の社会科見学には、最適の場所ですね。
もちろん大人の社会科見学にも、役立つ場所でした。

入場料無料、予約もできます。

ガスミュージアム
小平市大沼町4-31-25
042-342-1715
10:00~17:00(入館は16時まで)
月曜休館(祝日振り替え。休日の場合は翌日休館)


  • 同じカテゴリー(おでかけ)の記事画像
    ふるさとの丘
    家具の博物館って、楽しいよ~
    ジョイマルシェで見つけたよ~みずほっ子
    柳久保ラーメン手に入れてきました。
    つるかめランド横に移転していた幸右衛門茶舗
    アケビと、拝島ネギドレッシングを
    同じカテゴリー(おでかけ)の記事
     ふるさとの丘 (2018-12-05 06:02)
     家具の博物館って、楽しいよ~ (2018-11-28 05:39)
     ジョイマルシェで見つけたよ~みずほっ子 (2018-11-07 04:18)
     柳久保ラーメン手に入れてきました。 (2018-10-30 15:12)
     つるかめランド横に移転していた幸右衛門茶舗 (2018-10-28 04:26)
     アケビと、拝島ネギドレッシングを (2018-10-24 06:06)
    ※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ガスミュージアムは、無料でたくさん学べるところ!