たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年12月11日

殿ヶ谷戸庭園

高尾山に行ったときに、地元の方が「昔はこのあたり一帯がとてもメリハリのある紅葉だったけど、猛暑のせいか、赤くなり始めるとすぐ枯れちゃう」と話していました。ということは、もう多摩地区で綺麗な紅葉を見るのは無理?



たまたま出かけた「殿ヶ谷戸庭園」でフォトジェニックな景色に出会えました。




国分寺駅から直近。この庭園は昭和4年から三菱財閥岩崎家の別邸だったところ。国分寺崖線の自然の恵みを利用して、奥行きのある景色が広がります。

日曜日、職員の方が案内してくださる11時と14時の「庭散歩」には、合わない時間帯だったので、ぐるっと回ってみました。

イロハモミジが、何本か配置されていて、たくさんのカメラがむけられています。(園内では三脚使用は禁止。)

かなりのベテランと思える女性の方が「紅葉亭からの眺めが一番ですよ」と教えてくれました。そこに行く前に、湧水でできた「次郎弁天池」を見て。水がとっても澄んでいます!

紅葉亭では一休みしながら、日本の四季の情緒にたっぷり浸る方たちがいました。





その横には井戸水をくみ上げて作動している「鹿おどし」があり、テレビでは見たけど本物は初めてだわ~と言われている方がいました。


庭園内の木々たちは冬支度が始まっています。紅葉は、もう少し楽しめるようですよ。

殿ヶ谷戸庭園
国分寺市南町2-16
042-324-7991
9:00~17:00(入園は16:30まで)
年末年始休み
  

  • Posted by たまのり at 17:14Comments(0)きれいだ~~~~!

    2018年12月08日

    万世のハンバーグランチ

    JR南武線矢川駅からすぐにある「万世」は、和牛にこだわったレストラン。かしこまったところではなく、サラリーマンや配送中の方なども入っていました。シーサーが迎えてくれます。



    11:45分までにオーダーすると、目玉焼きが1個サービスらしいですがとっくにその時間は過ぎていました。



    万世ご自慢のハンバーグをいただくことにしました。ドミグラスソースなどにもこだわりがあるそうで。ついでに、唐揚げとコロッケもプラスした欲張りの「ハンバーグ&唐揚げ&コロッケセット」(税抜1056円)に。




    コロッケには別のソースが付いてきました。「コロッケはこちらが美味しく召し上がれます」と言われ、「本当かなー?」。
    まずドミグラスソースで食べて、そのあと万世のソースをかけたら、やっぱり後者の方が美味しい。疑り深い性格のたまのりです。

    ハンバーグの伝統ソースは、こってりとしているんだけどしつこくない。いろんな風味がミックスされたもの。もちろんジューシーなお肉でした。

    豚汁は大きなお椀で具だくさん。これなら男性でも十分おなかが満たされます。




    レジに向かうと、たくさんお土産が並んでいました。




    「万かつサンド」もありましたが、さっきいただいたハンバーグがおいしかったので、お土産に包んでもらいました。

    万世 国立矢川駅前店
    国立市谷保6920
    042-572-4129
    11:00~22:00
      

  • Posted by たまのり at 04:47Comments(0)美味しいランチ

    2018年12月05日

    ふるさとの丘

    リビング多摩エリアの端っこに当たる「都立武蔵野の森公園」は、調布基地跡地利用でできた公園です。調布飛行場を挟んで、北側と南側にはなれています。今回は北側、府中エリアを歩いてみました。

    IMG_0751



    西武線多摩駅から5分。花とコニファー園の、針葉樹が迎えてくれます。なんだか、北欧に来たような感じ。のびのび親子館を過ぎて、修景池の水鳥を見ました。


    手前に見える階段を上ると、たまのりがむかう場所があります。奥のネットはサッカー場。



    ありました!47都道府県の石がならぶ「ふるさとの丘」です。
    東京の右隣りは神奈川県、左隣りは千葉県。
    触ってもいいんですよ。東京の石には多摩川から運ばれたものもあり、多くの人が撫でたせいかつるつるしています(笑)




    ここからは、調布飛行場が間近に見えます。友人が三宅島にいるので、一度行きたいなーこの飛行機で。これからの冬場は、空気が澄み切ってくるので、新宿だけじゃなくもっと遠くも眺めることができます。

    近くにイオンができるといううわさがありますが、どのへんなのかなーと思いました。

    都立武蔵野の森公園
    府中市朝日町3丁目7+三鷹市・調布市
    042-365-8435
      

  • Posted by たまのり at 06:02Comments(0)おでかけ

    2018年11月28日

    家具の博物館って、楽しいよ~

    JR青梅線中神駅から歩いて5分。フランスベッド東京工場の敷地にある「家具の博物館」は、いつ行っても心にググっと迫ってくるものがあります。家具って、結婚や引っ越しの時に新しくするくらいで、機能本位の我が家ですが、昔の人たちは、ステータスシンボル。「タンス、長持ち、、、倉持ち」は、豪農豪商にふさわしいものだったのでしょう。






    船箪笥は、たとえ海水に浸っても中に水が入らない頑丈な作りだとか。鉄で細工された飾りは、保護するだけじゃなく見ていてもわくわくするものです。

    菊池コレクションのミニチュアの椅子は、世界の代表的な椅子の1/5サイズが並びます。19世紀の富者は、こんな椅子に座るくらしだったのかしら?見て飽きがきませんね。



    私がいつも見て笑ってくるのは、壁にかかった文様の説明。大学生の時、文様の第一人者の先生の講義を聞きましたが、たかが模様、されど奥深いことにすごく興味を持ちました。

    今、パッチワークで「縁起物シリーズ」を作っているので、ここは見逃したくないと、許可を得て画像を写させていただきました。




    磨き抜かれ、大切に使われた家具たち。何かしら語りかけてくれますよ。



    家具の博物館
    昭島市中神町1148
    042-500-0636
    10:00~16:30
    水曜日定休日
      

  • Posted by たまのり at 05:39Comments(0)おでかけ

    2018年11月25日

    皿サラダに歓声!農家の台所

    国立にあったころから何度か出かけている「農家の台所」は、”レストラン農家の台所”と農産物の流通・販売・企画をする”国立ファーム”の共同展開。朝どりで顔の見える野菜がフレッシュなまま食べられます。



    名物の皿サラダは日替わりですが、大抵の方がテーブルに届くと歓声をあげます。
    もちろんたまのりも!




    この日は2種類のかぼちゃ・ミニトマト・パプリカ・アロエ・里芋・キュウリなどの野菜に柿とミカンが載せられた皿サラダ。自家製の甘みそをつけて食べるそうです。やってみました。

    里芋は皮をきれいに洗って、ひげ根はバーナーで焼いて除去。皮ごといただけます。きゅうりって、こんなに美味しいものだった??ちょっと苦手なパプリカさえも、ポリポリいただけます。ちょっと暑い日だったので、ハーブのお茶をお願いしました。

    今回注文した「お野菜山盛り香ばし石焼き膳(税込み1580円)」の登場!
    鉄板がジリジリいっています。「熱いですので、お気をつけて」はい。




    かぼちゃ・レンコン・ジャガイモ・さつまいも・ナス・えのきだけ・エリンギ・パプリカ・ピーマン。一番下にはキャベツの串切りがあります。奥のトマトスライスのグリルというのは、面白いものですね。食感も味もまったく変化します。

    これには、ワサビ・塩・自家製トマトドレッシングをつけていただきました。

    ここまで来て、いわゆるたんぱく質がほとんどない。でもご安心を!青梅・川鍋さんの「さくらたまご」が5個も待ち受けています。食べ放題です。




    いつも1個にしていたのですが、食べ物からのコレステロールは血液に変化を与えない、、、という論を読んだ後で、2個卵かけごはんにしました。青さ入りの専用醤油で。

    農家の台所 立川髙島屋店
    立川市曙町2-39-3 立川高島屋s.c.9階
    042-569-8411
    11:00~22:00(21:30LO)
      

  • Posted by たまのり at 06:39Comments(0)美味しいランチ

    2018年11月24日

    国分寺駅前、紅葉が始まりました~

    国分寺駅前から歩いて3分くらい。
    殿ヶ谷戸公園に行ってきました。

    紅葉を見る会が初日。




    イロハモミジが見事でした。



    これから12月初旬まで見ごろ。

      
    タグ :国分寺紅葉

  • Posted by たまのり at 04:31Comments(0)きれいだ~~~~!

    2018年11月22日

    ガスミュージアムは、無料でたくさん学べるところ!

    ミュージアムをめぐるスタンプラリーが3年ほど前にあったのですが、ガスミュージアムには行くことができませんでした。地元の方から「とにかく行くだけで何かが得られるところよ。絶対、おすすめ!」といわれて、遠出して見てきました。



    新青梅街道と新小金井街道の交差する地点に行くと、素晴らしい赤レンガの建物があり、わくわく感が増します。




    東京ガスの社屋を移設復元した建物は、「ガス灯館」「くらし館」の2カ所に分けて展示見学できます。

    東京ガスの事業と歴史・くらしとガスのかかわりを紹介するミュージアム。
    ガスは、”灯”として発達してきたものだそうです。ろうそくの光に比べたら、はるかに明るい!このガス灯の点灯実演は1日6回行われます。(HP参照)https://www.gasmuseum.jp/




    右側の花形のものは、ネオンサインとして使われたもの。実際に、呉服屋さんで看板をこのガス灯で照らしていた絵があり、文明開化に酔いしれるムード満点でした。
    鎖国をしていたから、ヨーロッパなどには100年以上も遅れたといわれます。島国日本だけの文化ができていました。開国で一気に新しいものに触れ、それを吸収しようというエネルギーに燃えたことは、日本の進歩に大きく役立ったのではないでしょうか。

    また「くらし館」では、どんなふうに家庭にガス器具が入ってきたか、実物で見ることができます。私が印象的だったのは「食パン焼き器」




    すごい!4枚も焼けるものだったのですね。
    新しい文化になじもうと、さまざまな器具が発明されています。

    建物から出たところは「ガスライトガーデン」
    17基のガス灯が明るく照らしています。私が訪問した時は、矢印のガス灯は消えていました。台風24号で被害を受けたものだそうです。




    この周りでは、イベントやワークショップが行われ、音楽も提供されます。
    小学生の社会科見学には、最適の場所ですね。
    もちろん大人の社会科見学にも、役立つ場所でした。

    入場料無料、予約もできます。

    ガスミュージアム
    小平市大沼町4-31-25
    042-342-1715
    10:00~17:00(入館は16時まで)
    月曜休館(祝日振り替え。休日の場合は翌日休館)
      

  • Posted by たまのり at 03:31Comments(0)おでかけ

    2018年11月17日

    レストランプリンセスのランチタイム

    府中駅前の複合施設「ル・シーニュ」2F、成城石井の近くにある「レストランプリンセス」は今まで入ったことがなく、どうしようかなーと思っていました。



    でもサラリーマン3人連れが入ったので、一緒に入ってみました。宅配便やタクシーの運転手さんが入るところ・サラリーマン3人が入るところ、というのがランチは美味しいらしいと聞いたので。



    メニューブックを見ると、コースなどが多い本格的な中華料理屋さんです。でも、気軽なメニューのランチタイムも設けています(11:00~14:30)。ここでは日本でもおなじみの中華に、ザーサイ・スープ・杏仁豆腐付きという、うれしいサービス。

    悩むくらいたくさんのメニューがありましたが、「五目焼そば」を頼みました。しずしずとやってきたウエイトレスの方が、いきなり中国語で、厨房にオーダーを通します、大声で。最近はデジタルでオーダーを通すお店が多いので、久々に張りのいい声を聴きました。

    ところが、届いたのは「五目そばセット」。焼きそばを頼んだのに、五目そばがきました。これ作りなおしてもらうのも気の毒だし、また時間かかるし、このままいただきました。




    エビ・イカ・豚肉のほかに、野菜がたっぷり。きくらげ・人参・青梗菜・葱・タケノコ・白菜。さらにはベビーコーン(ヤングコーン)とどんこ・ふくろだけも入っていました。

    五目どころか、数えきれない福の入ったラーメン。



    中華麺も1.5人前近い量でした。なぜか付け合わせのザーサイを食べながら、最後は杏仁豆腐。950円セットは満足のいくランチでした。

    レストランプリンセス
    府中市宮町1-100
    042-370-1860
    11:00~22:30(LO22:00)
      

  • Posted by たまのり at 05:54Comments(0)美味しいランチ

    2018年11月14日

    メジャーアートって????

    昨日はリビング多摩主催「アート&ライフ展」
    昭島に行ってきました。

    ほぼ全員女性。

    いろんなジャンルの雑貨や手芸品が並んでいました。

    これが気に入ってね。



    パスタメジャーを塗装したもの。
    クリスマスグッズがくっつけられて、、、なんかいいなーとおもい
    買ってきました。  

  • Posted by たまのり at 16:00Comments(0)みつけたよ~~~!

    2018年11月10日

    寛政の改革のころにオープンしたお蕎麦屋さんでした~

    いや~、普通のお蕎麦屋さんと思っていて、今まで一度も入ったことがなかったのです。



    「おいしいおそばが食べたいね」という友人の誘いで、伊勢丹立川店の8階レストランフロア”更科堀井”に入って驚き!!
    なんと創業寛政元年で、230年もの歴史のあるお蕎麦屋さんでした。



    周りはほとんどシニア世代で、本当に蕎麦好きという顔ばかり。
    待っている間にテーブルの上にあるパンフレットを見ました。




    寛政元年のころ、フランス革命があったりロシアの南下政策があったり、アメリカの独立宣言がされていたり、イギリスも産業革命でどんどん文明文化が進歩していました。日本では、松平定信の「寛政の改革」が行われている時代。
    江戸初期のそばつゆは、みそ味だったというのにも驚きでした。みそに水を加えて煮詰めて、布袋に入れて吊るし、そのしぼり汁をそばつゆにしたものとか。

    他にも、海外から来られた方に「そばの食べ方のレクチャー」冊子がありました。(冷たいおそばは「せいろ」に盛られて来るので)たれを麺の上からかけるべからず、、、というのは納得(笑)
    でも、そばの何分の1をたれにつけるとか、薬味はこのようにして入れるとか、日本人でも知らないことが多かったです。はい。

    やっとおそばが到着しました。(この間、そば茶を飲み切っていました)




    手打ちもり791円は綺麗にせいろへ盛り付けられた、上品なおそばです。どれどれ、パンフレットに書いてあるように食べてみよう、とやり始めたのですが、気づいたらいつもの食べ方になっていました。
    おそばが終わると、すぐ蕎麦湯が到着します。このタイミングは素晴らしい!

    小丼に入った小海老天丼648円も、江戸風の天ぷらがのったものでした。

    麻布十番 総本家 更科堀井 立川店
    立川市曙町2-5-1 伊勢丹立川店8F
    042-540-8273
    11:00~22:00
    1月1・2日は休み
    http://www.sarashina-horii.com/
      

  • Posted by たまのり at 04:15Comments(0)美味しいランチ

    2018年11月07日

    ジョイマルシェで見つけたよ~みずほっ子

    2012年に「東京みずほブランド」が誕生して、お菓子・お茶・シクラメンなど、様々な分野でみずほブランドが広まっています。瑞穂町は、残堀川の源流を探して出かけた時以来です。



    ジョイフル本田瑞穂店の敷地内にできた「ジョイマルシェ」に入ってみました。かなりの広さです。



    新鮮野菜を見歩いていて「そうめんかぼちゃ」(250円)をまず見つけたので、手に入れました。




    湯がくと南瓜の繊維がそうめんのようになってきます。サラダでいただきました。

    ポップコーンを作る、トウモロコシ(350円)もたくさんあって、孫たちのために買いました。バターやオイルを使って、フライパンでポップコーンが作れます。

    さすが狭山茶が有名なところ。お茶のコーナーもかなりスペースを取っています。以前お話をうかがった「東京紅茶」の西村園も出品されていました。

    さてお目当ては、みずほブランドのお菓子。



    まろんしゃんのシフォンケーキは、軽くて飽きの来ない味で人気がありました。

    私が食べたかったのは荻野屋の「栗一粒みずほっ子」。



    2013年10月、耕心館にお見えになった天皇皇后両陛下が召し上がられたというバター風味の栗まんじゅう。なんか箔がついていました。こちらは1個180円。

    ジョイマルシェではTポイントもついて、なんだかすごく得した気分でしたよ。

    ジョイマルシェ
    瑞穂町殿ヶ谷442
    042-568-2331
    9:00~19:30
      

  • Posted by たまのり at 04:18Comments(0)おでかけ

    2018年11月03日

    ラケルのオムライス

    ほぼ女子でいっぱいになっている「ラケル」は、赤玉卵を使ったオムレツのおいしいお店です。お店はららぽ・セレオ国分寺・グランデュオ・高尾・南大沢などにもあるチェーン店。

    今回は府中ル・シーニュ1Fのお店に入ってみました。



    テーブルのギンガムチェックといい、壁面の壁掛けといい、お店の方のユニホームといい、夢見る女子なら、すぐアリスやピーターラビットのような物語の世界に入れます!




    「桜姫鶏チキンライスのデミグラスソースオムライス(税別920円)」を頼んでみました。



    スープは、たっぷりのコーンポタージュ。飲むというよりは、食べるジャンルに入っているスープにふさわしいボリュームです。

    チキンライスに入っている桜姫鶏は、日ハムの商品で食べたことがあります。とても柔らかい、臭みの少ない、調理しやすいものでした。




    ドリンク込みなので、紅茶を。これまた、アリスの食器で、たまらないわ。




    聞きなれない「ラケル」という店名は神話に登場する女性の名前を元にしていて、「トランプのダイヤのクイーン」のモデル!!

    ラケル府中ル・シーニュ店
    府中市宮町1-100
    042-369-4560
    11:00~22:00
    http://www.rakeru.jp/
      

  • Posted by たまのり at 03:37Comments(0)美味しいランチ

    2018年10月30日

    柳久保ラーメン手に入れてきました。

    リビング多摩エリアでは東の端にある東久留米市。博物館めぐりをした時に知った「柳久保小麦」を使った商品に、「みらい東久留米新鮮館」でやっと出会えました。https://mrs.living.jp/tama/tama_blog/article/2783830



    柳久保小麦は江戸東京野菜に認定され、市の特産品にもなっているものです。



    ラーメンやうどん、といった商品になっています。




    柳久保小麦はすごく背の高い小麦で、わら屋根に江戸時代たくさん使われたものだったとか。



    その粉は、粘りが強く、風味にも優れ、うどん作りに重宝されたようです。ただ、台風などがあるとすぐ倒れてしまい、収穫量自体は少なく、昭和初期に栽培がいったん途絶えました。



    それを、子孫の方が種を譲り受け、栽培が復活されたというものです。

    柳久保ラーメンを家で4~5分ゆでてみました。(税込み486円)




    九州ラーメンに近いような、昔の中華そばに近いような、直の歯触りのある麺です。スープはあごだしがついていました。これが程よく絡んで美味しい。



    他には、ハロウィン用にバターナッツかぼちゃなど手に入れてきました。

    JA東京みらい みらい東久留米新鮮館
    東久留米市幸町3-7-2
    042-475-0022
    9:00~16:00
    日曜祝日休み
      

  • Posted by たまのり at 15:12Comments(0)おでかけ

    2018年10月28日

    つるかめランド横に移転していた幸右衛門茶舗

    東大和市内をぐるぐる回っていた時に、新青梅街道沿いで見つけたお茶屋さん「幸右衛門茶舗」。とても美味しい狭山茶を飲ませてくれました。



    そのお店が「つるかめランド東大和店」の敷地内に移転していました。この左手の石像が懐かしい。創業安永9年、230年以上前というから、こんな服装の外国人が長崎に来ていたのでしょうか?日本は鎖国中、アメリカ独立戦争の年。

    コーヒーの焙煎機が作動して、コーヒー豆やフレーバー紅茶なども販売するお茶屋さんになっていました。



    さっそくお茶の試飲を。「色は静岡、香りは宇治、味は狭山に限る」とか。




    狭山茶の茶畑には扇風機の親分みたいなものが設置されていて、何するものだろうと思ったら、霜が当たらないようにする設備なんだそうです。
    味のいい狭山茶です。即買いしてきました。

    店内はハロウイン仕様に。驚いたのが、イス一つでもこれだけ気分がもりあげられるということ。ご家庭でも参考に、飾り付けられてはいかがでしょうか?



    本店も紹介していただきました。「お茶畑があるんですよ」「落ち着いたカフェもオープンしています」と紹介されたのですが、寄ってくる時間がなく残念に思いました。
    ざぼんさんの記事もご参照を~。本店にはこんな素敵なところがあったのです。
    https://mrs.living.jp/tama/tama_blog/article/2532548

    幸右衛門茶舗仲原店
    東大和市仲原3-20-5
    042-562-8880
    9:00~21:00
      

  • Posted by たまのり at 04:26Comments(0)おでかけ

    2018年10月24日

    アケビと、拝島ネギドレッシングを

    JAの隣にあるみどりっ子昭島店に出かけてきました。広さとしては狭いほうです。府中と同じくらい。

    地場野菜のほかに、JAオリジナル商品などもあります。お昼近かったので、かなり品薄になっていました。地元の方がほとんどです。



    ここで見つけたのがアケビ。9~10月が旬です。淡い紫色をしていて、中に甘~い胎座があり、その内側に黒い種子がびっしりついています。食べるのは胎座の部分。ザクロと同じ感じですね。アケビの皮はかなりあくがありますが、炒めて甘みそで食べたり、ゴーヤチャンプルーのようにしていただきます。




    それから、「拝島ネギドレッシング」も手に入れることができました。税込み480円。




    江戸時代、水戸からタネを持ってきて、昭島に植えた。江戸東京野菜に指定されています。拝島ねぎ自体は生だと辛くて、ただ加熱すると甘くなります。
    ドレッシングには混ぜ物はほとんどなく、体にいい成分だけでした。トマトを食べてみようかしら。

    もう一つ目立ったのが「旬工房」の蒸し饅頭。
    ネットで検索すると、東中神クジラ商店街で活動されているようですが、なかなかヒットしませんでした。主婦が集まって、お菓子を作っているところ。
    雑誌「家の光」にも紹介されたもの。




    原材料は蒸しパンミックス。自家製あんこが入って、素朴な味わいでした。これまた、添加物はありません。

    多摩地区の農産物直売所を10カ所以上歩いていますが、とにかく珍しいものに当たります!また次に買おうと思っても、次がないこともあるので、これは興味があるという商品は手に入れています。ほとんど全部満足!

    みどりっ子昭島店
    昭島市玉川町5-16-17
    042-543-8989
    9:00~15:00
    土日祝日は休み
      

  • Posted by たまのり at 06:06Comments(0)おでかけ

    2018年10月20日

    プルクワ・パ?のクジラのクッキー

    以前クジラのクッキーをいただいたことがあり、どのへんにお店があるのかしらと昭島駅付近を探しました。
    それにしても、この周辺パテスリーや和菓子屋さんや喫茶店が多い!
    なんでも、地下水がとても美味しいので、お菓子作りやコーヒーを淹れるのに適しているとか。




    江戸街道沿いに、見つけました「プルクワ パ?」なんとも珍しいお店の名前です。



    「なんでダメなの?」と直訳するのではなく「もちろんいいよ」という意味だそうです。

    入ってすぐ左手にはゼリー、奥には生ケーキ、右手にはチョコレート、そして窓際に焼菓子があります。



    ケーキ屋さんで選ぶのって、ホント楽しい!

    まず、サブレシトロンとガトーノアゼットショコラを自分のために買いました。秋の夜長、紅茶をじっくり淹れて飲んでみたくって。




    それから、ありました!昭島クジラのサブレは、プレーンとココア味の2種類。
    この辺りも,太古には海だったんですね。クジラの化石が発見されています。




    レモン果汁とアプリコットジャムの入ったサブレシトロンは、「もちろんいいよ」!

    パティスリー プルクワ・パ?
    昭島市朝日町3-1-31
    042-545-0972
    10:00~19:30
    水曜日休み
      

  • Posted by たまのり at 05:46Comments(0)今日のおやつ

    2018年10月17日

    みるくの黄金律もボストークもお初でした

    八王子駅から浅川を越えたところにある農産物直売所。なんといっても、年中無休というところがこの「ふれあい市場」の優れたところと思います。


    入り口では苗木や鮮魚も販売されていて、活気づいています。



    そして、入ってすぐに「農作物生産者一覧」が、顔写真付きで飾られていました。



    時間帯が遅かったので、もう品薄かなーと思いましたが、そこそこ棚に並んでいました。
    野菜や乾麺などを買って、ふと見るとゴンファノンの「ボストーク」という商品があって、「何だろう???」と立ち寄りました。

    I

    手のひら大に厚く切ったフランスパンを薄いラムシロップにつけて、自家製アーモンドクリームを塗って焼いたものだそうです。ゴンファノンはこの近くだったのですね。
    かなりのボリュームのあるスイーツパンでした。

    それから、八王子市山田「磯沼牧場」の「みるくの黄金律」のアイスも見つけ、これは持ち帰ることができないので、その場でいただきました。レジでスプーンをいただいて、お休みコーナ―へ。




    広々とした磯沼牧場で牛さんたちがのびのびと暮らしています。環境問題にも配慮されていて、磯沼様のお話は心に沁みとおるものでした。

    みるくの黄金律は、ジャージー乳・ブラウンスイス乳・ホルスタイン乳のそれぞれの特徴を生かしてブレンドした牛乳です。口当たりがよく、後味もすっきり。



    このアイスクリームやソフトクリームがあると知っていながら今まで食べたことがなかったので、即ゲットです。なめらかなアイスで、330円と高級でしたが他のアイスにないキレのいいものでした。



    JA八王子ふれあい広場
    八王子市大和田町5-15-3
    042-642-3885
    8:30~16:30
    無休
      

  • Posted by たまのり at 13:24Comments(0)おでかけ

    2018年10月15日

    みなさまのお墨付きってすごいのよ~

    毎日同じお店だけで買い物をするという主婦は少ないのではないでしょうか?
    「ちょっとこのお店も探索してみようかな~」そんな気持ちで、西友国立店に行きました。24時間営業のスーパーです。

    必要なお魚・野菜を2階で選んで、1階お弁当・総菜コーナーも見て歩きました。
    そうか、ここにこういう食材を入れると、アクセントがつくんだわ。
    このもち麦美味しそう。
    なんて見ていて、ちょっと小山に商品を積み上げていたところがあったので、興味深く近づいてみました。



    「みなさまのお墨付き」ですって。




    レトルトカレーが2種類あって、どちらも150円(税抜)だったので、手に入れてみました。フォン・ブランカレービーフと、キーマカレーです。ご飯さえあれば、主婦ランチができるので、レトルトカレーは大助かりです。災害時にも、カレーはとても役立つと聞いています。




    それにしても「お墨付き」とは!
    かつて、偉い人の書かれた書類の最後に捺された『花押』のことから、お墨付きという言葉が出てきたようです。

    西友プライベートブランド「みなさまのお墨付き」は、2012年12月に開発され、現在は800アイテム以上あり、シンプルで無駄のないものを低価格で、というこだわりの商品群。

    しかし「お墨付き」と銘打っているように、かなり商品開発には力が入っているものでした。商品開発をし一般消費者の「消費者テスト」を受け、支持率が70%以上のものが合格になるもの。(高校や大学の赤点よりも高いです!)
    これは一度きりではなく、1~2年おきに再テストされるとのことで、とてつもないPB商品でした。

    HPを見てみると、生芋しらたき・成分無調整牛乳・ローストクルミ・切り餅・イカくん・ビターチョコなどは、100%の支持率!20~60代の主婦が100%買いたい商品が、ここにあると知りびっくりです。



    カレーは、どちらも中辛程度の辛さ。量も多く、私の気持ちとしては「良い」商品だと思いました。

    西友国立店
    国立市中1-9-30
    042-576-2401
    24時間営業
    https://www.seiyu.co.jp/
      

  • Posted by たまのり at 04:16Comments(0)みつけたよ~~~!

    2018年10月10日

    東京コーラお初でした!

    東大和駅から北に向かい、二手に分かれる道を右手に入ると「JA東京みどり みどりっ子」があります。JAの隣でした。

    店内に入る前に花卉の横に、ジャンボなかぼちゃ発見!なかなか重い。



    これでカボチャの天ぷらがどれだけできるんだろうかと考えて、一人で笑ってしまいました。





    店内に入ってすぐ見つけたのが「東京コーラ」(税込み300円)
    なんでしょう?狭山茶が入っているようです。




    話のタネに、買ってみました。

    江戸東京野菜「内藤とうがらし」も見つけました。


    新宿御苑に行ったときに知った内藤とうがらし。内藤家の屋敷では今の季節、たくさんの唐辛子が収穫され、深紅のじゅうたんになっていたと聞きました。小さな唐辛子ですが、クリスマスリースにも使えそうなので手に入れました。



    他にも野菜を買って、最後に見つけたのが「ひがしやまと茶うどん」(税込み324円)
    東大和市グルメキャラクター「うまべぇ」が、ついています。


    自宅に帰り、孫たちが来たので「東京コーラ」を味見しました。着色料なしのお茶の味がするコーラです。「どう?」と聞いたら「う~ん、わかんない」って。
    私も一口飲んでみました。お茶の味が余韻として残るコーラ。何と表現したらいいでしょう???初めての味でした。



    東大和市のある武蔵野台地は関東ローム層に覆われていて、良質小麦の生産が昔から盛んで、小麦主食文化地帯でした。
    関東ローム層はお茶の栽培にも適し、東大和のお茶の作付面積は都内で4番目に広いものです。明治時代からは輸出品になったので、お茶の栽培がどんどん広がっていったものだとか。


    武蔵野台地のうどんと、名産品狭山茶のコラボが「ひがしやまと茶うどん」でした。乾麺なので8分湯がきます。お茶の香りがします。
    腰の強い茶うどんは、ワサビ入りのおつゆで食べてみました。これは美味!
    東大和市商工会開発商品でしたよ。

    JA東京みどり みどりっ子仲原店
    東大和市仲原4-1-11
    042-516-9577
    9:30~15:00
    土日祝日は休み
      

  • Posted by たまのり at 13:18Comments(0)おでかけ

    2018年10月06日

    ラザレのパンとレジ!

    リビング多摩で企画された「デニッシュパン総選挙」で知った、ヨーグルトクリーム入りのデニッシュを求めて、「ラザレ」に出かけてきました。



    駐車場待ちをするくらいのお客様です。



    ラザレというお店の名前は、東大和の「市の花」のつつじから。HPによると、1号店の東村山の市の花もつつじ。

    サンドイッチのコーナーには、自家製かぼちゃのプリンが並んでいました。




    まずは、フルーツデニッシュ(税込み216円)をトレイに入れて、それから、トトロのパン(税込み172円)を。コケティッシュな顔です。”となりのトトロ”は何度もビデオを回させられました、子供たちに。永遠のアニメかもしれませんね。

    そして、1号店の東村山にちなんだ、黒焼そばパン(税込み184円)もゲットです。


    画像はないのですが、ミルキーフランスを買っているお客様が多く、私もお相伴しました。途中で食べてしまいましたが。

    発酵にこだわっているお店ということで、本当はもっとシンプルな主食系も選びたかったのですが、今回は目についた変わり種に。

    変わり種というと!レジが違う!!
    トレイにパンを乗せて、光を当てると、形と大きさと色でパンを認識して、それが会計に回るレジでした。支払いは、普通のセルフと同じでしたが。




    一見は百聞にしかず。どんなの?と思われたかたは、ラザレへGO!

    ラザレ 東大和店
    東大和市新堀3-19-6
    042-566-2628
    7:00~19:00
    不定休
    https://www.lazalee.jp/
      

  • Posted by たまのり at 04:08Comments(0)おでかけ